実行委員会より

第5回SHIBUYAルネッサンスは、多くの皆様のご協力のおかげで、
延約73,000人の方々をお迎えし、終了いたしました。

6月3日(日)は夏の日ざしが眩しいほどでしたが、出演者の方々の
素晴らしいパフォーマンスに、感動の笑顔が溢れ、世代や国境を
超えて、ステキな一日となりました。

皆さま、ありがとうございました。

Thank you for coming !

About

SHIBUYAルネッサンス(Shibuya Renaissance)

第5回SHIBUYA ルネッサンス

今年で5回目となる「SHIBUYAルネッサンス」は、世界からの注目も高まるエンタテイメントシティ〟渋谷〟がさまざまな文化の継承を担い、古典芸能からサブカルチャ一を含めた現代文化を地域一体となって後世へとつなぐ創造に挑戦していくためのイベントです。


開催日:
2018年6月3日(日)
時 間:
13:00~15:30
場 所:
渋谷・文化村通り
出演アーティスト:
13:10:SHIBUYA大田楽

SHIBUYA大田楽(しぶや だいでんがく)


13:45:石見神楽「大蛇」

石見神楽東京社中(いわみかぐら とうきょうしゃちゅう)


14:10:長唄「あたま山」・日本舞踊「鏡獅子」

藤舎呂英連中(とうしゃろえい れんちゅう)


14:45:和太鼓

GOCOO(ゴクウ)


SHIBUYAルネッサンス:司会

前田智子


Artist

3D Beach Art | Meghna

SHIBUYA大田楽

「中世に大流行し姿を消した芸能「田楽」を当時の爆発的なエネルギーはそのままに、現代によみがえらせた「大田楽」。どこか懐かしい旋律、躍動感あふれるリズムにのり、日本古来の五色の衣装をまとい、花を飾った笠や楽器をつけて渋谷・文化村通りに登場します。

SHIBUYA大田楽

3D Beach Art | Meghna

1979年、国の重要無形文化財に指定された大元神楽が起源。室町時代から明治初期までは、神職により奉納される神事でした。
演目の「大蛇」は、神話伝説を主題としたヤマタノオロチであり、絢爛豪華な衣装、軽快な囃子と舞は、観客を いにしえ の神話の世界へ誘います。


石見神楽東京社中(いわみかぐら とうきょうしゃちゅう)



17世紀末頃、歌舞伎音楽として江戸に生まれた長唄。幕末から進化をし、狂言や浄瑠璃などの要素を取り入れながら、多様に発展を遂げた日本伝統音楽の集大成です。
また、能の 石橋 しゃっきょう 歌舞伎舞踊化した鏡獅子。長い毛を豪快に振り立て舞う姿は圧巻です。長唄と鏡獅子の伝統芸能の醍醐味をお楽しみください。

藤舎呂英連中(とうしゃろえい れんちゅう)


囃子:藤舎呂英

六世家元 藤舎呂船に師事。現在、国立劇場「明日を担う新進の邦楽と舞踊」・「花形・名作舞踊 鑑賞会」の囃子を担当。平成28年9月・国立劇場開場50周年記念公演「日本の太鼓」にてオープニング曲「鶴の寿」の作調及び演奏するなど、舞台公演、長唄演奏会等をはじめ、放送、各種海外公演の他、鼓のソロ演奏や様々な洋楽器との共演および創作など多岐にわたり活躍している。

三味線:東音 塚原勝利

東音中島勝祐氏に師事。
平成元年、長唄東音会の同人となる。
平成5年、岡安流家元より岡安祐三朗の名を許される。
平成22年~24年、平成27年~29年3月迄東京芸術大学音楽部邦楽科・非常勤講師。
長唄東音会定期演奏会、日本舞踊などの長唄演奏を中心に活動。

唄:東音 山口太郎

長唄唄方。人間国宝杵屋淨貢(七代目杵屋巳太郎)、東音福田克也に師事。歌舞伎や日本舞踊、NHK他様々な舞台で演奏活動をする。海外公演多数。長唄杵巳流大師範。長唄東音会同人。長唄如葉会同人。
(社)長唄協会演奏委員。国立劇場養成課講師。長唄白風会主宰。

日本舞踊:西川大樹

日本舞踊正派西川流。幼少より父喜之輔に基礎を学び、15才で西川喜久輔に師事。また、12名の若手男性舞踊家グループ「弧の会」のメンバーとして新しい舞台・作品を創作し各地で公演活動を行うと共に、海外公演にも積極的に参加。

【囃子】

藤舎呂英 / 望月太津之 / 藤舎呂凰 / 藤舎呂近

【笛】

福原 寛

【三味線】

東音塚原勝利 / 東音山口聡 / 鈴木雄司

【唄】

東音山口太郎 / 杵屋正則 / 杵屋巳津二朗

GOCOO(ゴクウ)は1997年結成。フジロックから国立劇場まで、海外でも38カ国240回のライブを実施する和太皷バンドです。「すべての思いを、祈りを、音にして、今ここに、みんなで音の柱を建てていこう。」と謳う唯一無二の太皷グルーヴは、和太皷の新たな境地を開くと共に、元祖ダンス&トランスミュージックである太皷のチカラを呼び覚まし、原始の祭りへと繋がります。

GOCOO

N.Y.の大学を卒業後、ダンサーおよび振付師として活躍。
現在ではモデルの他、J-Waveナビゲーター、ピラティスインストラクターや
持ち前の表現力と英語力を活かし、海外向け情報番組のリポーター、イベントMC等、幅広く活躍中。

前田智子